小島一文のG1フィッシング。島根、鳥取両県を中心に活躍中。釣(つり)情報を掲載。

竹下ウキ

このウキの考案者は島根県大田市在住の竹下努氏。
竹下氏はG杯グレで全国優勝の実績がある釣りの名手。
*竹下ウキ 14センチ
竹下ウキ 14センチ

【竹下ウキの特徴】

①視認性がよい(棒ウキならではの見やすさ)
②仕掛けが風の影響を受けにくい(ウキと道糸の接点が水中にある)
③潮乗りがよい(ボディー・足長の部分が小さな流れをキャッチ)
④遊動仕掛けにした時に深ダナを取りやすい(軽い仕掛けでも速く棚とりができる)
⑤遠投ができ仕掛けのトラブルも少ない(トップ側に重心がある)
⑥感度がよい(浮力点が肩の張った部分よりトップ側に設定してある)
⑦ウキのローテーションが容易にできる(スナップ付きサルカンによる接続)
⑧絶妙の誘いが可能(そろばんの珠のようなボディー形状)
⑨引っ張ると沈んでいく(足長、そろばんの珠のようなボディー形状)
⑩道糸修正したときに仕掛けがポイントからはずれにくい(引っ張ると沈む、足長、そろばんの珠のようなボディー形状)


【竹下ウキの種類】

全長・・・6センチ~22センチ
浮力・・・マイナス~1号(長さによっては浮力のでないものもある)
素材・・・サクラ、ホウ(現在はサクラが主流)
色・・・・レギュラー(赤、レモン、赤)
    ニューカラー(レモン、赤、レモン、赤)
    マズメ(レモン)
    オレンジ
    バーミリオン(朱色に近い色)

【特徴解説】

竹下ウキの特長については、私たちが長年使い込んできた釣りイメージから感覚的に言ってきたことでしたが、平成14年に作者である竹下努氏(島根県大田市在住)が請願中だった特許が認められました。その性能が科学的に証明されたのです。今まで使い手が感覚的にしかその利点を確認できなかったことが、こうして理論的・科学的に証明されたことでさらに自信を持って、信頼して使いこなせるようになったわけです。


また、竹下ウキの特徴を利用して私独自が編み出した

「忍者釣法」

「ナイアガラ釣法」

「スイッチバック釣法」

N字釣法」  

以上があります       


【国際特許】

その内容は5つの国際特許から構成されるものです。
① 形状
② 浮力調整オモリをウキに内蔵する構造
③ 管となるステンレスの芯棒をウキのトップ近くにまで内蔵する構造
④ 水浸部が潮を的確にキャッチして流れること
⑤ 海中にあるウキを下に引いたとき抵抗感が少ないこと

【購入解説1】
種類は手づくりゆえに無数にあるといってよいでしょう。これといって注文しても2本と同じものはありません。これが手づくりの欠点でもあり利点でもあります。この手づくりのよい部分を私たち使い手がテクニックを磨いて使いこなしていきたいものです。

信頼して使いこなすことによって、時にはウキの性能がわたしたちの腕の未熟な部分を補ってくれることもあります。このへんが道具のおもしろいところです。奥が深いところです。

【購入解説2】
購入するには、現物を手にとって、できれば水に浮かべて浮力をチェックしてみることをおすすめします。ウキにある表示はあくまでも目安となるものです。

同じ浮力でも実際に海で使ってみると、ボディーのカーブ、直径などで使用感が違う場合があります。

【販売店】
(主な取扱店)
林釣具店・・・島根県大田市大田町大田昭和町(JR大田市駅南)
(通信販売OK) TEL08548-2-1844
            FAX08548-2-1895
            e-mail  fish1234@mocha.ocn.ne.jp
            http://www5.ocn.ne.jp/~tunehiko/

 天狗堂・・・〒690-0826
(通信販売OK)島根県松江市学園南2丁目1-3TEL
0852-23-0775 FAX0852-26-6838
e-mail tengu@mable.ne.jp
http://www.mable.ne.jp/~tengu/index.htm

つりたつ・・・島根県邑智郡桜江町谷住郷(国道261号線沿い)
TEL&FAX:0855-92-0202
http://www.fishing-js.com/011turitatu.htm

 

00037323