小島一文のG1フィッシング。島根、鳥取両県を中心に活躍中。釣(つり)情報を掲載。

N字釣法(竹下ウキオリジナル釣法)

足長部分を利用した「N字釣法」 

宮川ナビと組み合わせた2段ウキ釣法です。いくら竹下ウキが感度がいいといっても、グレ釣りトーナメントが頻繁に開催されるポイントでは、かなりグレも学習を積んで食い渋ってきます。

また、サシエサも多様化してきて、オキアミの他にむき身や練りエサも使用するようになりました。

N字釣法(竹下ウキオリジナル釣法)

これらに対応するために2段ウキのメリットを管付きウキの竹下ウキに応用できないかと考えていました。

そこでアタリウキをいろいろ試してみますが、どうしても投入時に支点が分散して、絡みが多くて実戦では使えませんでした。それが、宮川ナビを使用することで解決できたのです。

宮川ナビの素材、重量、長さ、形状が竹下ウキとピッタリマッチして糸がらみのトラブルがほとんどなくなりました。

また、足長の部分を起点にした「N字」状態が完成し、絶妙な仕掛けの張り加減と食い込みの良さを同時に実現させたのです。状況に応じて、スルスルでナビを潜り込ませたり、親ウキとなる竹下ウキにマイナス浮力を使い、海中に潜らせながらN字状態でサシエサを落とし込んだりと、そのバリエーションも豊富です。
00014084